手や指 ピリピリ 痛痒い 原因

手や指がピリピリと痛痒い原因

スポンサーリンク

手や指がピリピリと痛痒いと言うことがあります。
手や指がピリピリと痛痒いときには、皮膚が炎症しているだけが原因となっているということではありません。
手や指がピリピリと痛痒いというような症状があり、それが女性に見られるという場合には、更年期障害の可能性があります。
更年期障害はいくつかの症状が現れるようになっていますが、手や指がピリピリと痛痒いという症状が現れることがあります。
閉経の数年前から女性ホルモンの分泌が低下し、自律神経のバランスが乱れることが原因となって、このような症状が現れるようになっています。
その中で更年期の症状に起こりやすい症状として、手や指がピリピリと痛痒いというようなことがあります。
このような症状は神経や血管のトラブルが原因と考えられていますが、病院を受診するときには整形外科や神経外科と言うことになります。
女性が手や指がピリピリと痛痒いという症状が現れたときには、更年期障害が原因となっていると考えるようにします。
更年期障害が原因と考えられるときには、婦人科や更年期外来を受診するようにします。

スポンサーリンク

手や指がピリピリと痛痒いという症状が現れる原因としては次のようなことが考えられています。
それは加齢になります。
加齢が原因となって、手や指がピリピリと痛痒いというようなことがあります。
これは加齢が原因となって末梢神経に障害が発生しやすくなっているからです。
加齢が原因となって筋肉や神経が衰えると共に、神経が圧迫されやすくなっているので、しびれや痛みを感じることもあります。
このほかに考えられる原因としては、エストロゲンの減少があります。
エストロゲンにはコラーゲンをつくって皮膚をしなやかに保つという働きがあります。
しかしこれが減少すると言うことになれば、皮膚の弾力性が失われ、少しの刺激で手や指の皮膚に知覚過敏が発生しやすくなると考えられています。
また血行不良が関係していることもあります。
血管の弾力性が失われると言うことで、自律神経の機能が低下すると、血流が滞りやすくなってしまうので、このような症状が現れやすくなると考えられています。
症状を改善させるためには、ホルモンや自律神経のバランスを整えると言うことが必要になります。

スポンサーリンク