黄疸 症状 手の痒み 原因

黄疸の症状と手の痒みの原因

スポンサーリンク

手の痒みを感じることがあります。
このようなときには何かアレルギーが発生しているのではないかと考える人がいます。
しかし手の痒みは必ずしも湿疹や手のアレルギーということではありません。
手の痒みがあるときには、原因として黄疸が関係していると言うこともあります。
黄疸が原因となっているときには注意が必要となります。
それは大きな病気が隠されていると言うことが考えられているからです。
虫刺されというような症状がなく、手の痒みの症状があるときには、肝臓などの臓器に問題が発生していると言うことが原因となっている可能性があります。
皮膚の表面にアレルギー物質が付着したり何らかの刺激が加わることで、知覚神経によってヒスタミンという痒みを感じる物質が放出されるようになっています。
しかし湿疹ではなく内臓の病気が原因となっていることがあります。
肝炎や肝硬変というような病気がありますが、このときには黄疸の症状が現れるようになっています。
手の痒みと共に黄疸の症状があるときには、肝臓の機能が低下していると考えるようにします。

スポンサーリンク

肝炎や肝硬変というような肝臓に疾患がある場合には、黄疸の症状が現れるようになっていますが、黄疸の症状と共に手の痒みが現れることがあります。
この場合の詳しい原因ははっきりとわかっていません。
しかし皮膚に胆汁酸を入れるという実験が行われる中で、症状として手の痒みが現れるようになっています。
肝臓に疾患があって黄疸の症状があるときには、血液中に胆汁酸という物質が増加するようになっています。
その結果全身の中でもとくに手の痒みが現れるようになっています。
肝硬変では黄疸の症状が現れるようになっていますが、肝硬変は予防をすることができます。
アルコールや食事が原因となっているので、その原因をしっかりと取りのぞくことが必要になります。
また腎臓に疾患がある場合にも症状が現れることがあります。
これは身体の中に老廃物がたまってしまうというのが原因となっています。
体内に老廃物が沈着し、皮膚のトラブルとして痒みが発生するようになっています。
腎臓病では皮膚が乾燥しやすくなるという傾向があるので、それによって症状が現れることもあります。

スポンサーリンク