ジェルネイル アレルギー 市販薬 改善法

ジェルネイルアレルギーにおすすめの市販薬による改善法

スポンサーリンク

幅広い層に人気のジェルネイルですが、ジェルに反応してしまうジェルネイルアレルギーの人がいます。
皮膚の弱い人、乾燥肌の人、水仕事が多い人、アトピーの人に多く見られます。
ジェルネイルアレルギーでありながら、オシャレしたいからと我慢してジェルネイルを繰り返すと、酷い痒みにより就寝中に無意識に掻きむしり、傷だらけでガサガサの手になってしまいます。
これではせっかくの綺麗でオシャレな爪が、ガサガサの手で台無しです。
アレルギーは重度のものになると、アナフィラキシー症候群といって、呼吸に支障をきたすこともあります。
今は軽度でも、症状を繰り返すことによって重度になっていきます。
なので、本来ならアレルギーと分かっていてジェルネイルを繰り返すことはおすすめできません。
ですが、ジェルネイルは爪が薄く割れやすい人にとっては、爪に厚みを出し補修してくれる役割もあるため、二枚爪の改善法としての良い面もあります。
マニキュアではすぐに剥がれてしまいますが、2〜3週間もつというのも人気で、やり方さえ間違わなければ、爪への負担が少ないので、水仕事の多い主婦や忙しいOLさんに人気です。
ネイリストのように、職業柄アレルギーがあってもジェルネイルをやめられないという人もいるでしょう。
市販薬による改善法があれば、もっと手軽にジェルネイルが楽しめるようになります。

スポンサーリンク

市販薬を使わない改善法なら、爪を短めにしておくという方法があります。
短い爪でもカラーやデザインで十分にオシャレになります。
アレルギー症状として、爪と皮膚の間に湿疹ができたり爪が剥離しやすくなったりします。
ジェルネイルを剥がす時に、短い爪の方が剥離しにくくなるので、根本的な改善法ではないものの、対策にはなります。
市販薬による改善法もあります。
ステロイドの入った薬を選び、患部に塗ることで、まず痒みが抑えられます。
ステロイドは皮膚科の処方薬にも含まれていて、痒みを抑える効果があり、皮膚炎に対して処方されるものです。
市販薬にもステロイド入りのものがあり、値段も手頃です。
ただれが酷い場合は、抗生剤入りの市販薬もオススメです。
薬局の薬剤師さんに相談して市販薬を選ぶと良いでしょう。
しかし、市販薬は対処法であり根本的な改善法とは言えません。
ジェルネイルアレルギーが増えている今、アレルギー原因物質を含んでいない製品も増えています。
ネイルサロンに問い合わせてみるか、セルフジェルネイルなら販売元に問い合わせましょう。
ジェルだけでなく、ジェルを落とすアセトンという溶剤にアレルギー反応を起こす人もいるので、やはり市販薬による改善法はとても大事です。
施術前に市販薬で皮膚保護用のハンドクリームを塗るという改善法もおすすめです。

スポンサーリンク