掌蹠膿疱症 メンソレータム 効果

掌蹠膿疱症のかゆみに効果的なメンソレータム

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、自己免疫疾患の一種といわれ、膿がたまっている膿疱と呼ばれる湿疹が手のひらや足の裏に発症する病気です。
原因ははっきりしていませんが、喫煙やストレス、生活習慣の乱れをはじめ、虫歯や中耳炎などを発症する人が罹患しやすく、金属アレルギーを持っている人はさらに悪化するといいます。
主に発疹が出るのは親指の付け根や小指の付け根、手の中央部分に発症しやすくなっており、脚の場合土踏まずや足の周辺に発疹が出ることが多いです。
毎日出るわけではなく、まれに出てくる人など症状は人それぞれですが、症状によってかゆみが発生し、眠れなくなる人も少なくありません。
掌蹠膿疱症の症状として挙げられるのがかゆみといわれ、かゆみを抑えるために便利といわれるのがメンソレータムです。
メンソレータムは、皮膚の表面上の様々な病気に対して効果を実感する人が少なくない軟膏といえます。
メンソレータムの効果として挙げられているのが、表面の皮膚を保護して外界からの刺激を緩和させると同時に、血液の循環を良くして皮膚の疾患を回復に導く物です。

スポンサーリンク

ひびやあかぎれといった症状だけでなく、しもやけのかゆみを癒してくれるという効果が高くあるユーカリ油やカンフル、メントールが入っています。
そのため、掌蹠膿疱症のかゆみに対しても効果を発揮することが少なくありません。
掌蹠膿疱症だけでなく皮膚疾患のある人にとって、発疹が出てかゆみで眠れないこともあります。
そのため掌蹠膿疱症の場合、かかずにいられるようにあらかじめメンソレータムを塗る患者も増えてきました。
おかげで睡眠をとれるようになり、皮膚の状態をかかずに済ませたといいます。
掌蹠膿疱症の発疹がある場所にメンソレータムを塗ると、かゆみをおさる働きにより、痒さがなくなった人が少なくありません。
彼らが口コミでブログやSNSで情報を拡散したため、メンソレータムで効果的にかゆみを抑えられると考える人も増えています。
掌蹠膿疱症は慢性疾患で有り、症状が消えたと思ったらまた出てくる病気です。
そのため、症状が出てきたときのみメンソレータムを塗って効果を実感している人もいます。
掌蹠膿疱症の患部にメンソレータムの効果が浸透するまで、時間がかかる人もいますが、塗ってすぐ効果を実感する人も少なくありません。

スポンサーリンク