山芋 手 痒くなったら

山芋をすった時に手が痒くなったら

スポンサーリンク

山芋や長芋などを触った時に、手が痒くなるということがあります。
山芋や長芋などには、シュウ酸ナトリウムという成分が含まれており、この成分は言うなれば形状が針のような結晶をしています。
ですからこの針の部分が肌につくと、チクチクして痒いと感じることがあるのです。
ですから、肌だけでなく食べた時に口や喉に違和感があったりと、アレルギーのような症状に見舞われるため間違えやすいと言えます。
痒くなったら、まずは水で痒み成分を流します。
水で痒みが取れない場合は、レモン水やお酢などで洗うと痒みを感じにくくなります。
痒みを強く感じる場所に、しっかり塗りこんであとは水で流せば良いです。
これは塩でも効果があります。
塩をしっかりと痒みのひどい部分にしっかりと摺りこんで、その後水で洗い流します。
その後、温かいお湯の中に手をいれると更に痒みがひきやすくなるので、痒くなったらこの通りにやってみるのが良い方法となっています。

スポンサーリンク

まず、痒くならないために山芋や長芋を触る時には、ビニール製およびポリエステル製の手袋などを利用するのが良いです。
また素手で触ってしまった場合は、レモンやお酢に浸けます。
強い酸はシュウ酸ナトリウムのトゲトゲを溶かしてしまう働きがあるからです。
このことから最初にお酢やレモン水などを手に浸けてから調理すれば、痒くならない場合があります。
山芋や長芋はネバネバの成分も含まれているため、装着した状態で調理するのが難しい場合があります。
そんな時は事前に酸を浸けておけば痒みを防ぐことが出来ます。
結構な量を調理する場合は、ボールなどに酢水やレモン水を用意しておくと良いです。
これは、肌だけでなく食べた時なども同様です。
山芋を食べた際にイガイガしたり舌に痒みが出る場合などは、レモン水や薄めたフルーツ酢などを飲んであげれば嫌な間隔がなくなります。
食べるのは好きだけれど痒くなったら、と躊躇してしまっている人は、この方法を行ってあげると快適に食べることが出来るようになっています。

スポンサーリンク