手湿疹 カンジダ 白癬

皮膚カンジダ症や白癬症の可能性もある手湿疹について

スポンサーリンク

手湿疹とは手で触れた物の刺激や、金属などへのアレルギー反応が原因として、発症される手のひら・指の皮膚の炎症です。
女性が発症することが多くいのが特徴です。
詳しい原因として、皮膚を保護している角層間脂質が生まれつき少ない乾燥肌の人であったり、仕事や家事で洗剤や石鹸、水に手をさらされる機会が多いと、角層間脂質が減少してしまい炎症が起こりやすくなります。
空気が乾燥してくる秋から冬に症状が出始めることが多く、乾燥が目立つ真冬に悪化します。
また植物や金属などに対するアレルギー反応によって皮膚が炎症し手湿疹が発症する場合もあります。
手湿疹の症状は乾燥型と湿潤型に分けられます。
乾燥型はその名の通り乾燥が原因でひび割れ、赤切れになりやすいです。
かゆみが強いのが特徴です。
我慢できずかき続けてしまうと皮膚が裂けては治り、また裂けるの繰り返しで、皮膚が硬くなり裂けたヒビが深まり炎症が治りづらい体質になってしまいます。

スポンサーリンク

次に湿潤型の場合は、水泡が手のひらや指の腹、指の間に見られるのが特徴です。
人間の皮膚は汗線から皮脂が分泌され、その皮脂が外部からの刺激や乾燥から皮膚を守ってくれています。
その重要な汗線の機能に異常が出て、皮脂の分泌が行われなくなることで炎症が起こり水泡が発症します。
これが湿潤型の症状と原因になります。
乾燥型の手湿疹の場合、皮膚炎である皮膚カンジダ症とよく間違われます。
皮膚カンジダ症とは手に発症すると、皮膚の表面のガサつきが目立つのが特徴です。
そして湿潤型は水虫菌が原因で起こる白癬症や汗疱と間違われやすいです。
白癬症の場合は抗真菌剤での治療が必要となりますので、間違った治療法を行うと改善どころか、悪化してしまうこともあります。汗疱の場合は自然に治ることが殆どですが、炎症が目立つ際にはステロイド剤で炎症を抑える必要があります。
手湿疹をただの手荒れだろうと放置せず、症状が見られた場合は皮膚カンジダ症や白癬症、汗疱の可能性も考慮し、早期の内に医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク