皮膚病 かゆみ 水泡

水泡とかゆみを伴う皮膚病

スポンサーリンク

人間の皮膚は、内臓のような大きな働きはないように見えますが、実はとても大きな機能を果たしています。
では、どのような働きを担っているかと申しますと、一番の働きは生体の防御機構になります。
このことから、日常はそれほど重視されない皮膚病は、実はとても大きな問題に繋がる可能性を秘めているのです。
さて、皮膚病において大きな問題となる病気には、いくつか存在するのですが、その代表的なものがヘルペスになります。
ヘルペスは、子供のころに罹患することの多い、水疱瘡の原因となるヘルペスウイルスが原因です。
水疱瘡は、全身に水泡が出来ることがありますが、そのほとんどは短期間のうちに跡形もなく治癒します。
そして、子供のころから大人になる間までは、いっさいのヘルペスに関する症状は発生しません。
ところが、人間が生活をしていると、ストレスや加齢による体力の低下などが起こることがあります。
この免疫力の低下した時期を狙って、ヘルペスウイルスが活動再開するのです。

スポンサーリンク

ウイルスは、体内の神経に潜伏していますので、神経のある場所であれば、どこでも発症する可能性があります。
例えば、肋骨に沿った部分は特に有名ですが、手や足や顔にも出来ることがあります。
症状としては、痛みを主体とした水泡が形成されまして、かゆみを伴うことも珍しくありません。
しかし、ここで問題となるのは、その治療の開始時期になります。
すなわち、早期発見による早期の治療の開始を怠ると、その後に強固な神経痛が残ることがあるのです。
例えば、早期のうちに治療を開始すると、抗ウイルス薬の塗り薬だけで、数字のうちに治癒します。
いっぽうで、治療開始が遅れて、水泡の範囲が広範囲になるようなケースにおいては、神経痛が残りやすいのです。
これは、ウイルスによって神経が深くまで犯された状態になったり、痛みを脳が記憶することから発生します。
したがって、皮膚に水泡が出来始めましたら、念のため皮膚科の専門医の受診をすると安心です。

スポンサーリンク