主婦性湿疹 手湿疹 市販薬 ブツブツ

主婦性湿疹,手湿疹は頑固ですが市販薬でも2週間程度で軽減可能出来る

スポンサーリンク

主婦性湿疹(手湿疹)ですが、水ぶくれができて、症状はブツブツができてかゆいし、細かな水泡ができていて見た目にもよろしくない状態になりったりしてら悩みます。
水泡も1つ程度から、場合により細かな水泡が無数に出来るようになり、水ぶくれの形になります。
水泡が出来る場所は、指先、間接及び指の間、というように手のいたるところにできて、潰すと水が出てきます。潰すと何か広がるように思え潰すのも躊躇する感覚です。
この主婦性湿疹は手湿疹に属する症状で、主な原因としては主婦の家事の仕事が影響していていることが多く、他には水に触れる職場の人がなりやすい病気に属します。
この手湿疹は水を使う関係で、洗剤や薬を主に使う職場などで手に刺激をあたえる原因。
例えば、食器洗いの洗剤を頻繁に手に触れる事が多い、シャンプーや洗剤で手などを洗いすぎなどの事例が起こしやすいのがキッカケで手の本来持っている皮脂が減少すると起こりやす環境になります。
これにくわえ、季節の変わり目の体質が変わる時期、空気が乾燥してしている時期、逆に湿度が多い季節などのタイミングが症状をおこしやす季節になります。他にアレルギー体質等の原因、例えば漆の食器関連に触れる、金属敏感肌の人が該当金属に触れていたなどが原因となり、手湿疹を起こす原因をつくる、うわゆる「かぶれ」に属する物によるものが影響している場合があります。

スポンサーリンク

そこで、病院の薬以外でも根気よくすることで、改善出来る方法があり日にち的には2週間程度で改善出来切る方法があります。市販薬で手湿疹専用の薬メンソレータムメディクイックが効果的で、薬局で簡単に入手が可能です。
塗り始めから1週間ていどで、水泡が小さくなりますが、ここで我慢してかかないようにすることを勧めします。かいたりして水泡をすぶすことはしないよう注意がひつようです。
対策として市販のバイドエイド、包帯などで保護することで、直接かくことができない用意して、くすりの効果が出るまでじっと我慢します。そこかさらに1週間体煮る続けることが、効果的な方法になります。
個人差はありますが、釣り始めから2週間程度で効果が期待できますので、結果が出るまでじっと我慢デス。
塗り始めから2週間程度で手湿疹の水泡が小さくなってきている状態になりますので、改善効果が出ましたら、そこでやめてしまわずにしばらく1-2週間は状況を見ながら薬をぬることをして、手湿疹(主婦性湿疹)を改善するようにします。
この症状が改善できても、手をにいてしまうと新たに症状が出ますので、根気よくぬるこをお薦め致します。
このメンソレータムメディクイックは、クリームタイプと軟膏タイプとがありますが、軟膏タイプのタイプのほうが刺激が少なめで、保湿効果が大きので軟膏タイプがおすすめです。但し軟膏タイプになりますので、軟膏の性質上多少はベタつきが出ますが、薬の保持効果が大きのでこちらを先に使ってみてください。
いい結果が出て、悩を解消しましょう。

スポンサーリンク