接触性皮膚炎 皮膚かゆい 傷病種類

接触性皮膚炎による皮膚の痒みの症状と、その傷病種類とは。

接触性皮膚炎、とは字からも想像できますが接触することで引き金になり皮膚に炎症を引き起こす炎症です。
単に接触することで皮膚が炎症をおこすことは想像できないと思われますが、体調が悪かったり、季節の変わり目などの生活環境が原因の場合もあります。
生活リズムが崩れ、疲労やストレスなどを抱えて抵抗力がない時などの場合にはより一層起きる可能性があります。
原因を探っていくと、アレルギー性の物質に反応して皮膚が炎症が起きる場合があります。
化粧品、制汗剤、香水などの生活用品に含まれる薬品、ガソリン、防虫剤、溶剤などのような化学物質がアレルギー性の反応が皮膚に起きて皮膚の炎症を引き起こし痒くなる原因を作ります。
生活環境の用品で、洗剤、リンス、シャンプーなども痒み、湿疹、炎症を引き起こしやすくしている事もあります。
他に、刺激性の皮膚炎の場合もあり、この場合には皮膚と衣服の生地がこすれることでの刺激が原因で、特に肌が敏感の人は化学繊維が原因でこの刺激による炎症が出ます。

スポンサーリンク

また、化学繊維の中でアクリル系の繊維でできている衣服、肌着が特に影響が出る人が多いです。
特に最近では、消臭効果のあるスプレーを洗濯後に吹き付ける、帰宅後に脱いだ服装に消臭剤を吹き付け消臭をすることも流行りになってきていますが、肌が敏感に人には注意が必要です。
含まれている物質がアレルギーをひきおこしたり、敏感の人は特にこすれることでより条件を悪くしているのと同じ状態ですので注意します。
最近では柔軟剤と芳香性の両面を打ち出した消臭剤も多く出ていて、流行りですがこれも敏感の人には注意が必要です。
肌が炎症や痒くなる場合には、特定の原因がつかみにくいと思われますが、心当たりのものから対処をしていくことをお薦め致します。
痒みを伴う炎症は、痛いのと違い我慢ができないと言われ、ついつい描くことで悪化させることも多いので、初期の段階でステロイド系の炎症を押さえる薬で早めに治してしまうことも時には必要でので、なるべくに早期に対処することがベストです。

スポンサーリンク