指の関節皮膚炎 症状 対処法

指の関節皮膚炎の症状と対処法

スポンサーリンク

指の関節皮膚炎の症状については、指の関節皮膚炎が生じると、関節部分に小さな水泡ができるようになります。
もともと乾燥肌の人であったり、仕事柄水を使うことが多く、洗剤を使う頻度が多い人にも、よく起こる症状であり、日常的に家事を行なう、主婦の方の発症率が高い傾向にあります。
その原因については、皮膚の表面を保護している「角質間脂質」の量が少ないからです。
指の関節皮膚炎は、一般的に「手湿疹」と呼ばれているのですが、ウィルス性の病気ではありませんので、水疱が周りの人に感染する心配はありません。
水疱は治ったかのように見えて、また再発することがよくあります。
手湿疹は、手の皮膚のバリア機能が低下している証拠となります。
前述しました、角質間脂質や天然保湿因子が、不足している状態ですので、少しの刺激でも手湿疹が再発したり、さらに悪化する場合があります。
手湿疹の症状が見られた場合には、早めに皮膚科を受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク

手湿疹の対処法については、皮膚科を受診すると、ステロイド薬を処方されます。
早い段階で受診して、ステロイド薬で治療することによって、症状が軽いうちに完治することが可能となります。
また、日常生活でできる対処法としては、水仕事を行う際には、ゴム手袋を使用するようにしましょう。
ゴム手袋を使用して、洗剤から肌を守るようにし、水仕事の後はハンドクリームを塗るなどして、皮膚を保護するようにしましょう。
手湿疹と似た病気に、「手白癬」があります。
手の皮が剥けるという症状は同じなのですが、手白癬はカビの一種が原因となります。
皮膚科では、顕微鏡で菌の有無を検査します。
治療としては、抗真菌薬を内服ないしは外用するようになります。
また、皮膚の疾患である「乾癬(かんせん)」に伴って、指などの関節に痛みがある場合には、整形外科を受診されることをおすすめします。
「乾癬性関節炎」の疑いがあるからです。
皮膚の病気である乾癬症の治療も必要なのですが、早期治療が重要となる疾患です。

スポンサーリンク