あかぎれに効く ハンドクリーム お薦め

あかぎれに効くお薦めハンドクリーム

スポンサーリンク

冬になると手の乾燥に悩まされるという人は多いのではないでしょうか。
放置しておくとどんどん悪化してしまい、ひびやあかぎれなどの症状につながってしまいます。
ひびやあかぎれは、手の皮膚が乾燥して角質のバリア機能が低下することで起こります。
バリア機能が低下すると水分や油分などのうるおいを保持することが難しくなり、ひびやあかぎれにつながってしまいます。
症状がひどくなると痛みやかゆみが生じたり血が出てしまうこともありますので、手の乾燥を感じたら早めのケアが必要になります。
具体的なケアの方法としては、顔と同じように手の皮膚の保湿を徹底することが大切です。
しかし、手は水仕事や手洗いなどによりハンドクリームを塗ったとしてもすぐに洗い流さなければならないシチュエーションが多く、うるおいを保つことが難しい箇所でもあります。
ですので、こまめにハンドクリームを塗る必要があります。
そして、洗い物や水仕事などをするときはゴム手袋を使用するという方法も効果的です。

スポンサーリンク

ひびやあかぎれに効くお薦めのハンドクリームとしては、尿素やビタミンEやグリチルリチン酸などが配合されているものです。
尿素には、硬くなった角質を柔らかくする効果があります。
角質を健やかに保つためには、なるべく尿素が高濃度で配合されているものを選びましょう。
ビタミンEには、抗酸化作用や角質が硬くなるのを防ぐ効果や血行を促進させる効果があります。
グリチルリチン酸には、炎症を抑える効果があるのでひびやあかぎれの修復を促してくれます。
そのほかにも、ひびやあかぎれに効くハンドクリームとして、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿効果が高い美容成分が配合されているものもお薦めです。
これらの美容成分をサプリメントやドリンク剤などで摂取して体の中から保湿ケアをするというのも効果的です。
そのほかにも、体の中からのケアとして食生活を改善させたり、運動や入浴で代謝や血流をアップさせたり、良質な睡眠をとって美肌づくりに深く関係している成長ホルモンの分泌を促すということも重要になります。
ハンドクリームと体の中からのケアで保湿を徹底し、ひびやあかぎれの改善や予防に努めましょう。

スポンサーリンク