金属アレルギー 手 指 かゆい 

ブレスレットなどのアクセサリーの影響で、かぶれて痒い、それは金属アレルギーの症状

スポンサーリンク

アクセサリーなどのブレスレットや指輪、ネックレス等をつけいていて手や指などがかぶれて痒くなることがあります。
これは金属アレルギーが考えられます。
この金属アレルギーとは一種の接触性皮膚炎の分類に属していて、貴金属の特定の金属に肌が反応して痒くなる症状になります。
具体的には、ニッケル、クロム、金などが主に起こしやすいと言われています。
そもそも金属アレルギーとはどういう症状なのかといいますと、皮膚から出る汗が原因で、あせの成分に含まれている塩素イオンによって金属が反応して溶けだし、アレルギー反応、かぶれを引き起こしているのが原因です。
この金属アレルギーは皮膚に接触してすぐに症状が出るのではなく、ニッケルや金に触れているうちに徐々に体に合わないようになり、体が以上反応してアレルギー反応をおこしています。
人の体は本来は金属に対して比較的に強いはずなのですが、最近では金属アレルギーの危険性を持った人が多くなりつつあります。
その原因とは、近年においてからだの体内に穴を開けて金属装飾品、例えばピアスなどの影響が大きいと言われています。
ひとの体の免疫機能として、異物が体内に入ってきた時に抵抗力を持っていますが、ピアスのなどは皮膚に穴を開けて金属を差し込んでいる使われ方をしています。

スポンサーリンク

その影響で、体液やリンパ球と金属が接触することになり、体が異常反応してアレルギーをおこしています。
その結果、かぶれや湿疹を引き起こしてしまい、金属に触れている皮膚が痒くなります。
とっくに近年は耳に穴を開けてのピアス以外に、口、鼻、へそなどいる色な部分にピアスをつけることがファッションにもなっていますので、より金属アレルギーを起こしやすい時代になりつつあります。
金属アレルギーの症状が出る場合には、早期にアレルギー反応をおこす金属の使用を取りやめることで、かぶれ、痒み、発疹を抑えることができますので、出来る限り使用を控えることをおすすめ致します。
アクセサリーをつけなくてはならない状況の場合には、プラスチック製のアクセサリーなどの代用品を使います。
ここで、本物の金属をつけることは控えてください。
少しぐらいならなどとの安易な考えでつけてしますと、体中がかゆい状況を自ら作ることになります。
この金属アレルギーは、他にもカバンやベルト、最近でhあスマートフォンのカバーについている金属部分などが原因で起こしていることもありますので、カバンやベルトのバックル部分も気をつけます。

スポンサーリンク