寒冷蕁麻疹 手 指 かゆい

冬場におきやすい寒冷蕁麻疹が、手の痒みを引き起こしている

特に冬場など、手や手首などに赤い発疹がでたり、皮膚がボコボコしたりして急に痒くなることがあります。
その状況の中でかゆい部分を痒くて描いてしまいますと、より痒くなり、赤みが増してふえ、ひどくなると皮膚が膨れ上がる症状を伴います。

スポンサーリンク

この寒冷蕁麻疹とはといいますと、人の体の温度変化は一般的には温度差は7度さまでは温度変化に体が対応しますが、それ以上、もしくは、部分的に急激な温度変化を感じた時に、皮膚の中の血管が影響して痒みや皮膚の異常を引き起こします。

その具体的な原因は、激しい温度差を皮膚が異常として認識して、以上防衛反応の結果です。
より具体的には、血管のまわりにある肥満細胞が刺激され、体内でヒスタミンが体内で放出されることで、ヒスタミンが血管内の成分の血漿を外に出すことで、皮膚に赤みある膨らみを起こしてしまいます。
また、この寒冷蕁麻疹は蕁麻疹との症状になりますので、痒みもあります。
この状況で蕁麻疹の部分を描いてしますと、より痒くなり、そのかゆみ原因である蕁麻疹は広がります。
かゆくて描いてしますと、脳にかゆい信号が送られ、痒い部分への信号以外が、直接痒くないとコロッまで痒く感じる悪循環をおぼえます。

スポンサーリンク

全身に痒みを分散させてしますことがありますので、痒くてもできるかぎり描かないことが理想です。
対処法としては、直接に寒さをかけないようにして、しばらく安静をしていることで収まっていきます。
薬で抑えるのであれば、抗ヒスタミン剤の内服液の使用が効果的です。
他には、急激な温度変化が原因として考えるために、服装をきるときに皮膚の露出を極力少なくすることが効果的です。
ただし、この寒冷蕁麻疹とは名の通り寒冷が多いですが、この寒冷は夏でも起こりうる可能でがありますので急な温度変化を経験しないようにします、
また、この寒冷蕁麻疹は慢性的になりやすい場合が多いために、寒冷蕁麻疹を再発しないように注意等が必要でうす。

スポンサーリンク