手の甲 湿疹 肝臓

手の甲の湿疹と肝臓の関係

スポンサーリンク

手は作業をする上で欠かせない部分です。
そのため、手の甲に湿疹や痒みが起こった場合、気になって作業が出来ない事もあります。
特に痒みの症状は、不快に感じる事が多いでしょう。
手の甲の湿疹や痒みといった症状は、多くの原因が考えられます。
特に多いのが『乾燥』による手荒れと『ストレス』ですが、場合によっては肝臓の異常も考えられるため注意が必要です。
まず、ストレスを感じると全体的に免疫力が弱まり、雑菌などが外から入りやすくなります。
その結果、皮膚に湿疹を起こす事が考えられます。
また、内臓にも負担をかけてしまうため、ストレスを溜めていると感じた場合は、早めに解消するように心がけましょう。
手の甲だけでなく、皮膚に湿疹が見られ痒みを伴う場合、肝臓の異常の可能性があります。
肝臓に異常があると、『胆汁酸』という成分が分泌され、これが痒みを起こす原因となります。
普段から湿疹や痒みの症状が多い場合は、専門医で肝機能に異常がないか検査する事も大切です。

スポンサーリンク

手の甲に異常があると、気になって作業に集中出来ません。
自分で対策を行う場合、何が原因かを知る事が大切です。
何かの物質に対するアレルギーなら、その物質には触れないように気をつけましょう。
また、『紫外線アレルギー』なども皮膚に影響を与えるので注意してください。
水仕事が多い方に見られる『手湿疹』も原因と考えられます。
手袋などを利用して、皮膚を保護する皮脂を余分に洗い落とさないようにしましょう。
肝臓に異常がある場合は、専門医での適切な治療が必要です。
また、普段から肝臓に負担をかけないような生活を心がける事も大切です。
症状が治まるまではアルコールや煙草を控え、規則正しい生活を心がけてください。
ストレスを溜めないためには、適切な睡眠と適度な運動が効果的です。
皮膚に異常が見られた時は、普段の生活を見治す事で改善出来る事もあります。
あまりに改善されない場合は、専門医での検査や治療も検討しましょう。

スポンサーリンク