肝機能低下 手のひら 足の裏 かゆい

肝機能低下による手のひらや足の裏がかゆい時の症状

スポンサーリンク

肝臓は人間に取って欠かせない臓器です。
肝機能低下を起こすと、手のひらや足の裏などの皮膚がかゆくなる事があります。
肝臓は生命を維持するために様々な働きを行っている臓器です。
胆汁を作って体内の毒素を分解したり、栄養素を貯める、代謝活動などの働きをしています。
この肝臓に異常が見られると、『胆汁酸』が不自然に増えてしまい、全身がかゆいという症状を起こす事が考えられます。
手のひらや足の裏などの皮膚がかゆい、湿疹が出来たといった場合は、肝機能低下が原因の可能性があります。
その他にも乾燥やアレルギーなど、皮膚疾患の原因は多くあるのが特徴です。
症状が改善されない場合は、内科などで肝臓などの臓器検査を行う事も必要です。
早い段階で原因の病気が見つかれば、適切な治療が受けられ完治も可能になります。
乾燥やアレルギーに心当たりがない時は、肝機能低下の可能性を疑い早めの対処を心がけましょう。

スポンサーリンク

肝臓に異常があると、様々な体内の機能に支障が起こります。
そのひとつが皮膚のかゆみですが、特に手のひらや足の裏に現れる事が多いとされます。
これはこれらの部分が外部からの刺激を受けやすいという点が考えられ、皮脂が少なく皮膚を保護する役目が弱いため、異常が起こりやすいと言えます。
多くの場合、乾燥や物質によるアレルギー反応などが考えられるので、なるべく皮膚を保護する事を心がけてください。
クリームや手袋などで保護し、症状が改善されないようなら皮膚科で専用の治療薬を処方してもらいましょう。
肝機能低下が原因で起こるかゆみは、元である肝臓の異常が何なのかを理解する必要があります。
専門医で適切な検査を行い、普段から肝臓に負担をかけないように意識する事が大切です。
突発的に身体がかゆいと感じたら、原因を突き止め対策を行いましょう。
自分の身体の状態を把握して、症状改善に役立ててください。

スポンサーリンク