手のひら湿疹 水泡 痛み

手のひら湿疹の痛みを伴う水泡は皮膚科へ

スポンサーリンク

食器を洗うときや浴槽を洗うときなどには、なるべくゴム手袋などをしていないと、手が荒れてしまいます。
カサカサになったり、ひび割れしてしまうこともありますが、まれにつよく痒みが出て、掻いてしまうと水泡になっていてそれがつぶれてしまい、痛みがでることもあります。
水泡をつぶしてしまうと、水で手を洗ったときでも染みてしまうくらい痛いときがあるので、簡単につぶさないようにするよう心掛けることが大切です。
水泡をつぶしてしまうと、手のひら湿疹になってしまいどんどん悪化していくこともあります。
なので、日ごろから洗剤などを扱うときにはゴム手袋などでカバーをしてから作業をすることをオススメします。
そして、カサカサしてしまっている場合には、夜寝る前などにハンドクリームを塗ってしっかりと保湿をしておくこともオススメです。
そのひと手間をするだけでも、手のカサカサはましになります。
ちょっとしたことで、改善しますし予防にもつながります。

スポンサーリンク

手のひら湿疹は、放置しておくとどんどんひどくなってしまうことが多いので、なるべく早めに皮膚科へ行くことをオススメします。
皮膚科を受診して、薬をもらえばわりとすぐに完治します。
もちろん、油断してまた洗剤などを素手で使っていると再発することも多いので、完治したあとも気を付けておくことが大切です。
また、洗剤などを使っていなかったとしても、ストレスなどでかゆみが出てしまうこともあります。
自分がどんなときにかゆみを感じているのか、一度状況をメモに残しておくと、どんなときかゆくなるかがわかるのでオススメです。
手に汗をよくかいてしまう人は、こまめに手を拭くようにしたりするのも効果的です。
手を洗うこともいいのですが、あまり洗いすぎると荒れてしまうのでそこは調整することが必要です。
水泡ができても、とにかく潰さないでおくこと、そしてすぐに皮膚科へ行くこと、手をきちんと保護することこれをしっかり守っておけば再発することもほぼないです。

スポンサーリンク