夜 手乾燥 かゆい 保湿

夜に手乾燥でかゆい場合の治し方は、保湿がポイントです

スポンサーリンク

日本は、春夏秋冬で季節の違いを感じる事が多くあります。
一日の中でも、気温差を感じる事があり、対処が必要になる場合もあります。
夜に、手乾燥してかゆい、といった状態になる場合があります。
特に冬場などは、夜に乾燥が進む事もあります。
冬場の場合には、屋内で暖房器具を使用する機会も多いため、乾燥が非常に進み易くなります。
手乾燥してかゆい場合の治し方は、一時的には、クリームを塗って、更に手袋をすると、掻いてしまう動作も防げます。
家庭内で水仕事が多い主婦の人も、手乾燥やかゆい症状を感じる場合が多く聞かれます。
男性の場合であっても、水仕事が多いなどの場合には、作業後、クリームなどを使用しておくと、かなり乾燥を防げます。
既にかゆみが出てしまっている場合の治し方としても、クリームを塗る、寝る時に手袋を着用すると、次第に肌にかゆみを感じなくなります。
加えて、治し方には、食べ物についても、栄養バランスを考えた食事が望まれます。
ビタミン類で免疫力を高めるなど、不足しがちな栄養素などがあれば、補っておくと、治し方にも役立ちます。

スポンサーリンク

夜に、手乾燥してかゆい症状は、既に手湿疹などを発症している場合もあります。
肌のアレルギー症状になりますが、水仕事が多かったり、液体洗剤などの化学化合物などが含まれるものを利用する人に多く発生します。
既に手湿疹などができている場合には、炎症も起きていると推察されます。
炎症によるかゆいといった症状があるため、炎症を鎮めるためには、氷で冷やすなどの治し方もあります。
作業が全て終わってから、あるいは寝る前などに、一度氷などで手を冷やします。
氷がない場合には、保冷剤などでも代用できます。
その後は、水滴などが蒸発して、手乾燥が進まない様に、水滴を優しく拭き取ります。
水滴など、濡れた状態が無くなったら、保湿クリームなどを塗ります。
かゆいと、どうしても寝ている時に掻いてしまう事があります。
寝ている時ですので、無意識におもいきり掻いてしまう可能性もあります。
クリームを塗ってから、手袋を着用しておくと、引っ掻くなどを防止できます。
手乾燥、かゆい症状には、保湿が重要なポイントになります。
できるだけ日頃から、クリームを塗るクセをつけておくと、かなり改善を望めます。

スポンサーリンク