デルモベート軟膏 痒み 効果

デルモベート軟膏は痒み対策に最大の効果

スポンサーリンク

デルモベート軟膏とは、俗にステロイド剤と呼ばれています。
アトピーや皮膚の炎症による痒みに高い効果を発揮する塗り薬です。
過去にステロイド剤についてニュースになりましたが、医師の指導の元で適切に塗ることで、皮膚の炎症などを完治させ、副作用を感じさせません。
デルモベート軟膏は強い効果を発揮する作用の塗り薬で、医薬品の分類の中でも「1群」に属しています。
そのため塗る時には必ず医師の指導を受け、適切な塗り方をしてください。
正しく使用している限り、副作用は決して現れません。
皮膚の痒みで眠れないときや、アトピー性皮膚炎を発症した場合、症状がひどい場合には処方されます。
処方された時に医師や薬剤師から適切な塗り方の指導を受けますが、特に湿疹が完治してからも少しずつ塗ることを求められる場合が少なくありません。
定期的に医療機関に通って経過を医師に見せていると、塗る量や塗るタイミングについて適切な指導があるので、定期的に通うことが重要です。
薬が余ってしまった場合には、医師に相談し、アトピーでない場合や長期間使用する可能性がない場合、捨ててしまったほうがいいと言えます。

スポンサーリンク

基本的に痒みがある場合のデルモベート軟膏を塗る回数は、1日2回程度と言えます。
量はチューブを指の先から第一関節まで出すと、手のひら2つ分は塗れますので、患部の大きさによって調節してください。
患部全体的に満遍なく塗ることで、効果を発揮できます。
てや手のひら、ヘラを使って患部に満遍なく塗ってください。
股、塗った場所は雑菌が入らないようにしっかりカバーしてください。
数日間塗り続けていると、患部の赤みが日いい敵手、痒みも収まってくることがほとんどです。
しかし、ここで塗るのをやめてしまうとあとが残ってしまうため、1週間くらいそのまま塗り続け、医療機関に相談してください。
医療機関で経過を確認し、治療状況を見てからデルモベート軟膏の使用を継続するかどうか判断を下します。
患者の皮膚の状態によって、治療の継続や治療方針が大きく異なりますので、必ず事前に相談して経過を確認してから治療を受けてください。
正しく使い続けることで、肌の状況や肌の健康状態により個人差があるため、治療を受ける場合必ず皮膚の薄さなどを相談し、安全を図りながら使用してください。

スポンサーリンク