手痒み 界面活性剤 影響

界面活性剤の影響による手痒みを予防・改善するには

スポンサーリンク

一人暮らしの人であっても洗濯や食事の後の洗い物はしなければなりませんが、主婦の場合は自分の着た服や使った食器だけでなく家族全員の分まで毎日洗わなければならないので大変です。
そのため、主婦湿疹と呼ばれる皮膚病になって手痒みに悩まされる人が増加しています。
この手痒みの直接の原因は、合成洗剤に含まれている界面活性剤の影響によるものと考えられています。
石鹸にも天然の界面活性剤が含まれていますが、合成洗剤に用いられている合成界面活性剤は天然のものよりも刺激が強いので肌に与える影響がより大きいとされているのです。
特に空気が乾燥することの多い秋から春にかけては、主婦湿疹や手痒みの症状に苦しむ人が多くなっています。
それというのも合成界面活性剤は、油分を落とす力が強いため手肌にとって必要な皮脂やうるおいまでも取り去ってしまうのです。
冬にはほとんどの女性がハンドクリームを使って手肌のケアを行いますが、春や秋にはそれほど気をつけないという人も多く、そうした油断が思わぬ手痒みの症状を引き寄せてしまうケースもあります。

スポンサーリンク

界面活性剤によるこうした影響を防ぐためにはゴム製の手袋などをはめて家事を行うのが効果的ですが、いったん過敏になってしまった手肌にはゴム手袋さえ刺激が強すぎることがあります。
しかし素手で洗濯や食器洗いをすると手痒みがいっそうひどくなる可能性があるので、まず薄手の木綿の手袋をはめてからその上にゴム手袋をはめるようにすると手肌を保護することができます。
それでもすべての水仕事をゴム手袋をはめたままで行うというのもなかなか難しいものなので、水を扱った後は必ず保湿クリームなどで十分なケアを行うことが大切です。
すでにある程度の湿疹や手痒みの症状が出てしまっている場合には、化粧品のクリームだと配合されている成分がかえって刺激となる可能性もあるので注意する必要があります。
まずは皮膚科に行って診てもらうのがベストですが、時間がないなどの理由でそれが難しい場合には薬局などで薬剤師に相談してみましょう。
保湿効果とともに炎症を鎮めて痒みを抑える効果を持つ医薬品を使用することで、手痒みを改善できる場合があります。
市販の医薬品をしばらく使ってみてもあまり効果が見られなければ、医師の診断を仰ぐことが必要となります。

スポンサーリンク