手痒み 飲み薬 アレロック 効果

飲み薬アレロックの手痒みなどについての効果

スポンサーリンク

アレロック錠(一般名はオロパタンジン塩酸塩)は抗アレルギー薬です。
2001年から発売されている薬です。
アレルギーによって生じるいろいろな症状を抑え、主に花粉症や蕁麻疹、皮膚や手痒みなどに用いられています。
アレロックは主にヒスタミン受容体をブロックする事によってアレルギー症状を抑えることができます。
ヒスタミンはアレルギーを誘発する原因となる物質(ケミカルメディエーター)です。
そのために、このヒスタミンの働きをブロックできればアレルギー症状の蕁麻疹や手痒み等の皮膚疾患は改善させることができると考えられます。
それを狙っているのがアレロックをはじめとした抗ヒスタミン薬となります。
アレロックは主に抗ヒスタミン作用によってアレルギー症状を押さえますが、それ以外にもロイコトリエンやタキキニン、炎症性サイトカインなど多くの物質の作用を抑える事でアレルギー症状を改善させます。
アレルギー物質を放出する好酸球の働きを抑える作用もあります。
ただし、ヒスタミンは覚醒に関わっている物質でもあるためにブロックすると眠くなってしまう事があります。
そのために作用は強力で即効性もありますが、同系列の薬の中では眠気の副作用が出やすい薬剤です。

スポンサーリンク

アレロックアレロックの効能や効果は、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う掻痒(湿疹・皮膚炎・痒疹・手痒み等の皮膚掻痒症、尋常性乾癬、多型滲出性紅斑)に効く薬です。
では副作用にはどのような事があるでしょう。
効果は強力ですが、副作用は少なくない薬です。
多い副作用としては、眠気です。
抗ヒスタミン薬はどれも眠気の副作用が生じるリスクがあります。
その他の副作用としては、口渇、倦怠感、吐き気などが報告されています。
これは、わずかにですが抗コリン作用というアセチルコリンの働きを抑えてしまう作用が関係しています。
肝機能障害や白血球増多と言った血液検査にて異常が確認される事もあります。
長期服用者は定期的に血液検査を行う事が望ましいでしょう。
用法と用量については、飲み薬の錠剤だけでなくOD錠もあります。
OD錠は、飲み薬のように飲みこむ必要は無く、口腔内崩壊錠という薬で、これは唾液で溶けるタイプの薬になります。
水が無くても服用でき効果を期待できますので、外出先で水が無いと困る飲み薬とは異なり服用できます。
高齢者などにも使いやすい剤型です。
通常朝と就寝前の1日2回の経口投与が基本です。

スポンサーリンク