痒み ステロイド 使用の注意

痒みに使用されるステロイド軟膏は使用の注意を守ることが大切

スポンサーリンク

痒みや炎症に効果のあるステロイド軟膏は使用の注意を守れば安全な薬です。
ステロイド軟膏とは、抗炎症作用のある薬です。
湿疹や皮膚炎などで肌が炎症を起こしているのは、痒みの元であるヒスタミンが関係しています。
ヒスタミンがどんどん放出されると、痒みもどんどん増長されていくのですが、抗炎症作用のあるステロイド軟膏を塗ることにより、炎症そのものを抑える働きがあるのです。
すると、ヒスタミンも減少し痒みも治まっていくという仕組みです。
他にも免疫抑制作用という働きもしています。
この免疫抑制作用とは本来、菌や病原体などといった外敵から体を守る免疫システムが、過剰に動いてしまい体を攻撃してしまうことを抑える働きのことです。
アトピーやアレルギー、湿疹などはこの免疫システムが過剰に働いてしまうことにより起こると考えられています。
ですから、免疫抑制作用によって炎症や発疹などを防ぐことが出来るのです。
他にもステロイド軟膏には様々な作用はありますが、この薬には湿疹などに対する根本的な治療ではなく痒みを抑えるということが本来の役割ということを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

どうしてステロイド軟膏は使用の注意を守らなければいけない薬なのでしょうか。
それは、使用を誤ると様々な副作用を引き起こしてしまうからです。
長期間この軟膏を使用してしまうと、皮膚委縮を起こしてしまうことがあるのです。
皮膚委縮とは、ステロイド軟膏を塗ることにより炎症と関係のない皮膚繊維芽細胞という細胞にまで作用してしまうということです。
皮膚繊維芽細胞は、肌の潤いを保つために必要なコラーゲンやヒアルロン酸などといった成分を作り出す細胞です。
この働きに作用してしまうため、肌に潤いが無くなってしまい皮膚が委縮したようになってしまう症状です。
それに伴い、皮膚が薄くなってしまい血管拡張作用もあるため血管が浮き出た肌になってしまうのです。
これらの症状は長期間強いストロイド軟膏を使用してしまった場合に起こります。
安全に使用するには、使用の注意を守ることが必須なのです。
ハンドクリームの様に痒みがあるたびに塗ったり、急に使用することを止めると痒みがリバウンドすることもあります。
医師と相談しながらステロイド軟膏を使用してあげると、症状を改善することができます。

スポンサーリンク