入浴剤 日本茶 効果 方法

入浴剤として日本茶を使用する方法とその効果

スポンサーリンク

手の痒みや、体の痒みには日本茶を入浴剤として使用すると効果がありおすすめです。
緑茶や抹茶などといった日本茶は飲むのはもちろん入浴剤として肌に塗布してあげると、痒みを抑えることができます。
日本茶には、健康や美容に最適な成分が含まれているのです。
まずは、殺菌成分や抗菌成分が含まれています。
日本茶にはカテキンという成分が含まれていますが、ポリフェノールの一種で免疫力を高める効果もあります。
食中毒などを引き起こす菌などに対しては、強い殺菌作用や抗菌作用を示しますが、体に有効なビフィズス菌や乳酸菌などといった菌に対しては、影響を与えることはありません。
体にとって有害なものには効果があり、正常な菌には影響を与えないという素晴らしい性質をもっています。
腸内の善玉菌を増やす働きもあるため肌にとっては抜群の美容成分なのです。
それだけでなく、皮膚の炎症や痒みをもたらすヒスタミンを抑える効果もあるのです。
ですから、アトピー性皮膚炎や手湿疹などにも効果があるということが言えるのです。
他にもビタミンCやアミノ酸、など栄養価も豊富に含まれています。

スポンサーリンク

日本茶は飲用して体の中に含むことはもちろん、入浴剤として使用する方法もあります。
使用方法は簡単で、緑茶の出がらしなどを布やティーバッグなどに入れて、お風呂の中に浮かべます。
粉末状のものを使用する場合は入浴剤のように湯船に混ぜてあげるだけと簡単です。
しっかりとお湯に染み出すことが出来たなら、入浴することができます。
日本茶の入浴剤は、傷ついた患部が沁みる事はなく肌に優しいことも特徴の一つです。
日本茶には保湿効果のあるカロテンという成分も含まれています。
カロテンには粘膜や皮膚を丈夫にする働きもあるため、ダメージを受けやすいアトピー性皮膚炎や手湿疹の方にはピッタリなのです。
乾燥などが原因で肌に湿疹を起こしている人には、大変良いため試してみるのがおすすめです。
また香りにはリラックス効果や安眠効果があるため、入浴すれば一日の疲れをとることも可能です。
またお茶の出がらしで作ることができるため、飲むだけでなくお風呂に使用して2度使用することが出来るため大変経済的です。
飲用だけでなく、入浴剤として使用する方法もできる日本茶は万能なのです。

スポンサーリンク